エコカラットとは、タイル状の壁材となるエクステリアのひとつですが、その素材には特別な特徴があります。まずひとつは調湿機能を持つということです。室内の余分な湿気を吸い取ることで除湿機能を持つことになります。吸収した湿度は換気による風通しによって放出し、再び吸収する機能を取り戻すことになります。

そしてもうひとつは、様々な臭いを吸着するということです。料理によって発生する臭いやペットの臭いなどを吸い取ることによって、部屋の空気をクリーンにすることができるようになります。さらにはホルムアルデヒドなどの人体に影響を与える化学物質を吸着する機能も持つことになります。最近の住宅では、そのような物質を含む材料は使われることはほとんどありませんが、購入した家具などに使用される接着剤などに含まれるケースは割とあるものです。

それらを吸着することによって、アレルギーの発症を抑えることが可能となります。このように多機能が人気となるエコカラットですが、その使用には注意も必要となります。まず素材が焼き物なので、衝撃には弱いものとなります。釘を打つこともできませんし、物をぶつけるような場所への設置は控えることが必要です。

また水が直接かかるような場所だと、調湿機能も失われることになるので避けることが必要となります。エコカラットはデザイン性にもすぐれているので、設置の際にはタイル職人に相談することで部屋の雰囲気に合うものを選んでくれることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です